沖縄県中小企業家同友会観光関連部会_守礼ネット会
topimage002.jpg
 
「月の魚」で1月の「ま~さむんロード」を開催
サイト管理人
2011年 1月 25日(火曜日)
沖縄県内のおいしいお店をレポートする「ま~さむんロード」。今回は那覇市の新都心にある「和風居酒屋 月の魚」を訪ねました。 「月の魚」は那覇市おもろまちの新都心エリアにあり、交通アクセスが抜群です。那覇国際高校の南側にあり、新都心公園にも近く、オフィス街の中にありながら静かで落ち着いた環境です。

 

和食と沖縄料理を中心に幅広いメニューが揃い、ちょっとした飲み会から、宴会や接待などにも利用できます。北海道のホッケから沖縄近海でとれた魚まで豊富で新鮮な食材が揃っています。
今回の「ま~さむんロード」では鍋物を中心とした料理をいただきました。たくさんの種類の鍋が揃っている中で、今回は白キムチ鍋と寄せ鍋を選びました。

 

まずは前菜から。「月の魚」が得意とする新鮮な魚介類の刺身です。
 
薄い揚げ物を容器にした野菜サラダ。チリメンジャコがおいしいアクセントになっています。
 
白キムチ鍋です。見た目は赤くなく、食べ始めも辛くないのですが、あとからピリっとした辛味が来ます。

 

寄せ鍋は、ダシ味が魚と野菜に合っており、あっさりとしていくらでも食べられます。
 
フライドチキン、春巻き、ポテトなどのセット。チリソースやケチャップなど、つけダレを選んで楽しめます。
 
新鮮なタラの白子です。ポン酢の味とマッチしていました。

 

  ボリューム抜群のフーチャンプルー。
沖縄料理もメニュー豊富なので観光客も喜ぶでしょう。

 

「月の魚」オーナーの下地直樹さんです。宮古島出身で建築設計事務所を経営されています。今まで飲食店の設計などをたくさん手がけてきたこともあり、新都心に所有していた建物に自分でお店を10年前にオープンしました。
当時は新都心に建物が少なく空き地ばかりだったそうで、このエリアで老舗として早い時期から定着したお店です。
自身が魚好きということから魚料理に重点をおいたお店にしようということになり、社員から店名を募集して「月の魚」という名称に決まりました。料理やメニューについては料理長を信頼して任せながら、店のコンセプト作りや演出に力を発揮されています。
建築設計のほかにも、霊園の運営、中国との貿易など幅広い事業にかかわっています。中国との取り引きについてはアモイに事務所を構え、長年の経験を持っておられます。(事業について、詳しくはこちらへ→ 株式会社ネオプランニング
 
 
「月の魚」は、昼のメニューである海鮮丼や定食も人気で、多くのブログやグルメサイトでも「新鮮でボリュームのある魚介類を安く食べられる」として評判です。ランチタイムにもぜひご利用ください。
 

和風居酒屋 月の魚
住所:〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3-7-10
電話:098-863-9256

営業時間:
  夜の部   17:30~24:00(月~木)
 17:30~01:00(金・土)
昼の部   1:30~14:30(金~土)
定休日:日曜日(月曜祝日の場合は日曜も営業)
座席数:104席
駐車場:有 30台(専用)

お店紹介ページ http://tsukinosakana.jub.jp/index.html


大きな地図で見る

 
Facebookでコメントする
戻 る