沖縄県中小企業家同友会観光関連部会_守礼ネット会
topimage002.jpg
 
「イスラム教圏の観光客受け入れ」をテーマに例会を開催します
サイト管理人
2013年 8月 22日(木曜日)

沖縄県中小企業家同友会の観光関連部会「守礼ネット会」から、8月例会のお知らせです。
中国人観光客の受け入れと並んで、イスラム教徒の観光客受け入れが、いま世界の観光業界で重大なテーマとなっています。
イスラム教徒の人口は世界全体で約16億人、インドネシア国内だけでも2億人近くになります。市場規模は中国人観光客の2倍で、米国人観光客の市場よりも大きいといわれます。
日本でもイスラム教徒の旅行者が急増し、政府をはじめ様々な団体が受け入れ体制の整備と学習会を重ねています。
沖縄では観光立県でありながら対応が大きく遅れています。そこでイスラム教徒の観光客受け入れを実際に進めている沖縄ツーリスト株式会社のデニス・トルトーナ氏を講師にお招きし、例会を開催することにしました。イスラム教についての基礎知識や応対マナー、礼拝や食事などの対応方法について学んでまいります。

 

 

【日時】2013年08月28日(水) 18:30~20:30
【場所] 沖縄産業支援センター3F「302」
【テーマ】「外国人観光客の受入について~イスラム教圏の事例~」
【報告者】沖縄ツーリスト株式会社 国際部チーフ デニス・トルトーナ氏
【申し込み】沖縄県中小企業家同友会 事務局 TEL.098-859-6205
※事例報告(60分)の後は、質疑応答を行います。※ゲスト参加も可能です。

【参考となる情報】
世界の観光ブームを支える裕福なイスラム教徒の旅行者
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2934712/10461366

観光客:イスラム教徒が急増 食事や礼拝、態勢整備
http://mainichi.jp/select/news/20130611k0000e020157000c.html

イスラム圏の観光客を呼び込め!
http://webnews.asahi.co.jp/cast/feature/121211.html

関西、脱中国の観光戦略 イスラム圏誘客へハラル認証など導入
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130728/biz13072820420003-n1.htm

ムスリム観光客増加を 県がもてなしセミナー(富山県)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20130822-OYT8T00003.htm

 
Facebookでコメントする
戻 る