沖縄県中小企業家同友会観光関連部会_守礼ネット会
topimage003.jpg
 
豊見城市の漫湖水鳥・湿地センター
サイト管理人
2009年 10月 13日(火曜日)

那覇市と接する豊見城市の漫湖水鳥・湿地センターに行ってきました。


ここは都会の真ん中にもかかわらず、世界中から渡り鳥たちが集まってきます。

ラムサール条約湿地としても登録されています。

住所 〒901-0241 沖縄県豊見城市字豊見城982
   TEL 098-840-5121 FAX 098-840-5118
   E-mail このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

入館料 無料

開館時間 午前9時~午後5時

休館日 月曜日(休日の場合は翌日)、慰霊の日(6月23日)、年末年始(12/29~1/3)

ホームページ http://www.geocities.jp/manko_mizudori/

日々の見所が案内されています。

2階には観察用の望遠鏡も準備されています。


今回気になったのが、上記写真にも写っている湿地の中の観察小屋。


湿地の中のマングローブの間を通って登ってみると、野鳥の説明と覗き窓があります。


コサギが足で泥をかき混ぜて何か食べてました。


これはハマシギかな?


とんとんみー。


ふと気がつくと半円を描くきれいな虹が出てました。
職員の方も「こんなにきれいなのは見たことがない」とのこと。
何となく幸せな気分です。


豊見城市豊崎の「あしびなー」北側の野鳥が見える湿地帯にも行ってきました。

ここは昨年、釣り糸がくちばしに巻き付いたクロツラヘラサギがいたところです。

クロツラヘラサギは12~2月ぐらいだそうで、まだいませんでした。

ダイサギ。


コサギ。


アオサギ。


手前はチュウシャクシギで、奥は別の鳥。


全日空のポケモン号も!

 
Facebookでコメントする
戻 る