沖縄県中小企業家同友会観光関連部会_守礼ネット会
topimage004.jpg
 
沖縄美ら海水族館をご案内します
サイト管理人
2008年 5月 02日(金曜日)

沖縄美ら海水族館
沖縄美ら海水族館

沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、世界最大級の水槽にジンベエザメやマンタ(オニイトマキエイ)などが飼育されていることで知られます。
無料で見られるイルカショーも大好評です。
沖縄観光スポットの人気ランキングでも常に1~2位を競う施設です。

海中をただよう気分に
沖縄美ら海水族館の巨大水槽『黒潮の海』のアクリルパネルは、世界最大サイズとしてギネスブックに登録されています。(2008年5月現在)
またジンベエザメやマンタの複数飼育は、世界初の試みです。

『黒潮の海』
『黒潮の海』

巨大水槽のなかでジンベエザメ・マンタ・サメなど無数の魚が泳ぐ姿は、優雅そのもの!
「自分も海中にいるような感覚になって、何時間でもながめていたくなる」と、来場者の多くが感想を語ります。

『黒潮の海』
『黒潮の海』


テーマ別の水槽展示
沖縄美ら海水族館ではテーマ別に77の水槽が展示されています。
『イノーの海』は、珊瑚礁の浅瀬を再現した展示で、ヒトデなどの小生物に直接さわることができます。ナマコなどにさわった子供たちのキャーキャー叫ぶ声がにぎやかなコーナーです。
『熱帯魚の海』では、極彩色の魚たちが太陽の光を受けてきらびやかに泳ぎます。
『危険ザメの海』では、ホオジロザメやイタチザメなどが飼育されています。

『イノーの海』
『イノーの海』

『熱帯魚の海』
『熱帯魚の海』

人気のイルカショー
隣接施設の『オキちゃん劇場』では、イルカのショーを無料で見られます。ジャンプやダンスをみせるイルカたちの姿に、大人も子供も大喜び!
ほかにもイルカとふれあい体験できる『イルカラグーン』をはじめ、『マナティー館』『ウミガメ館』など多数の施設があります。

近隣施設
沖縄美ら海水族館は、沖縄本島北部の本部町にあります。そばには人気の高い海水浴場であるエメラルドビーチが広がり、観光客向けのテーマパークも数多くあります。
さらに北方へドライブすると、世界遺産の今帰仁城跡や、ヤンバルクイナなど希少な生物が生息する「やんばる(山原)」の森があり、沖縄の歴史や自然に興味のある方には魅力的です。


沖縄美ら海水族館の営業時間・入場料・イベント開催時刻・交通アクセスについては、下記をご覧ください。
 →沖縄美ら海水族館ホームページ

 


大きな地図で見る

 
Facebookでコメントする
戻 る