沖縄県中小企業家同友会観光関連部会_守礼ネット会
topimage001.jpg
 
国際通りの歩行者天国(トランジットモール)
サイト管理人
2008年 3月 18日(火曜日)

那覇市の国際通りは、2007年4月から、日曜日(12:00~18:00)が歩行者天国になっています。
低速バスも通行するので、完全な歩行者専用ではなく、歩行者と公共交通を優先した「トランジットモール」というのが正式名称だそうです。

いつもは車でいっぱいの国際通りが、のんびりと人が行き交う開放感あふれるスペースになります。

国際通りは、戦後の闇市から始まり、那覇市民の日常の買い物や娯楽の中心地として長く栄えてきました。かつて映画が娯楽の王様だった時代に「アーニー・パイル国際劇場」という映画館があり、そこへ通じる道が国際通りと呼ばれるようになりました。

大通りに観光客向けの土産物店やホテルなどが集まっている一方で、平和通り商店街などアーケード街の奥には古くからの小さな商店が集まっていて、今でも素朴な沖縄情緒あふれる市場が残っています。

観光客をのせた低速バスやベロタクシー(自転車タクシー)もトランジットモールを走ります。

路上パフォーマンスをしているダンスやバンドのグループ。


大道芸をしていた青年は、沖縄県内各地でパフォーマンスをしながらお金を貯めて、東京へ修行に行きたいそうです。(筆者もすこしカンパさせてもらいました)

沖縄ならではのアクセサリーやイラストなどを販売する露店もたくさん集まります。

リンク:
国際通り商店街Official Website
国際通り(Wikipedia)


大きな地図で見る

 
Facebookでコメントする
戻 る