沖縄県中小企業家同友会観光関連部会_守礼ネット会
topimage003.jpg
 
2009年度「活動報告」ならびに2010年度「活動予定」
サイト管理人
2010年 6月 10日(木曜日)

守礼ネット会の第16会総会で承認・採択された2009年度「活動報告」ならびに2010年度「活動予定」を掲載します。
 

2009年度の活動報告(報告者:大城友宏 守礼ネット会部長)
 昨年の県同友会第23回定時総会で採択された活動方針スローガン「今こそ理念経営で、企業存続に全力で取り組もう!」に基づき、守礼ネット会でも、同友会の「21世紀型企業」を目指し、観光に関する例会や、会合を行なってきました。
  9月に開催した部会例会では、㈱沖縄ヒューマンキャピタルの金城和光社長を講師に、アジアビジネスにおける今後の沖縄観光の可能性について学びました。観光のみならず、ビジネス全般においても可能性があることを知り、事業展開において多くのヒントを得ることができました。現地視察ツアーでは、2月に企業見学(㈱ポイントビュール)と合わせて久米島を訪問しました。

 「ま~さむんロード」は、会員のお店を中心に4回開催し、オブザーバーを含め、なごやかに交流が出来ました。しかし、今年度は、各会合の参加人数の少なさが課題として残りました。ホームページはリニューアルし、さらに見やすくなり、情報発信力のあるサイトとして今後も引きつづき、参加企業の募集を行ないます。
  また、全会員へ行なうアンケートの結果をもとに県へ要望・提言を提出し、県観光商工部との意見交換の場を設けることが出来ました。
  以下、この一年の主な活動です。
 

<例会・現地視察ツアー等>
● 5/20(水) 第15回部会総会(於:沖縄産業支援センター)
      「記念講演」 テーマ:イノベーションで未来を拓こう!
      講師:沖縄総合事務局 経済産業部 部長 市原健介氏
● 9/29(火) 守礼ネット会例会(於:沖縄産業支援センター)
      講師 ㈱沖縄ヒューマンキャピタル 代表取締役 金城和光 氏
      テーマ アジアビジネスのインフラ構築と新しい沖縄観光の可能性について
● 2/5(金) 守礼ネット会現地視察ツアー(於:久米島~6日(土))
● 2/8(月) 県観光商工部との懇談会(於:県庁)

 

<ま~さむんロード>
● 7/10(金) ま~さむんロード(1) 於:匠山
● 8/24(月) ま~さむんロード(2) 於:松風苑
● 12/3(木) ま~さむんロード(3) 忘年会 於:あしびjima
● 4/19(月) ま~さむんロード(4) 於:D's CAFE

 

<運営委員会>
● 全14回開催(臨時運営委員会1回ふくむ)

 

2010年度「活動方針」(報告者:比嘉勤 守礼ネット会副部長) 
 県内入域観光客は、2009年度上半期は新型インフルエンザの影響や、世界的な景気悪化にともない、7月を除いて前年度を下回る結果となりました。下半期には、航空会社の経営再建問題も浮上し、沖縄観光にとって本土の高速道路料金値下げによる観光地の分散化や、円高基調による海外旅行先への流出で厳しい状況が続いています。そのような状況にもかかわらず、海外からの入域観光客は約4%増えて、過去最高となり、宿泊特化型の県内ホテルは増え続けています。既存ホテルも含め、需要と供給のバランスは悪くなる一方です。
  2010年は、上海万博が開幕し、県内においては、高校総体が開催されます。今後のインフラ整備、ニューツーリズム構築についても課題が多く残されており、観光業の経営基盤を維持するためにも、観光関連業界が一丸となって、さらなる可能性を見出す努力が必要です。
  こうした環境下において、「守礼ネット会」では健全な観光産業の発展のため、下記の5本の柱を中心に本年度の活動をすすめていきます。

1.研究会や学習会を各支部・地区、離島地域での開催を企画し、観光産業の連帯と会員増強に取り組みます。

2.沖縄観光の発展に向け、行政ならびに関係機関との意見交換会を実施し、要望提言活動を充実していきます。

3.観光従事者の社員教育・危機管理・マナーサービスの質向上のための勉強会を開催していきます。

4.「ま~さむんロード」「合同例会」等を通じ、会員をはじめ各支部・他部会との交流を深めます。

5.ホームページを活用し、更に情報発信力を高めていきます。

 
Facebookでコメントする
戻 る