沖縄県中小企業家同友会観光関連部会_守礼ネット会
topimage002.jpg
 
サイト管理人
「cafe Jo(カフェ ジョー)」で3月の「ま~さむんロード」を開催
サイト管理人
2011年 4月 20日(水曜日)

国際通り近くのcafe Jo(カフェ ジョー)にて、3月の「ま~さむんロード」を実施しました。「ま~さむんロード」は沖縄県内の評判のお店を守礼ネット会の会員が訪ねてレポートする試みです。

cafe Jo(カフェ ジョー)は、安里川に面した明るくおしゃれな雰囲気のお店です。柔らかく濃厚なビーフシチューのランチでも評判です。沖縄県中小企業家同友会に最近入会されたのを機会に、さっそく守礼ネット会の面々が訪問させていただきました。

店内は壁面いっぱいに大きなガラス窓が配置され、街並みや川沿いの風景を眺めることができます。テーブルやイスやフロアは温かみのあるウッドで統一されています。
昼はビーフシチューやオムカレーなどのランチメニューが中心で、夜はドリンクや多国籍な料理を提供するカフェバーとなります。
今回の「ま~さむんロード」では夜のパーティープランを体験しました。

続きを読む...
 
南部支部との合同例会を開催
サイト管理人
2011年 3月 07日(月曜日)

2月25日(金)、南風原中央公民館にて、守礼ネット会と南部支部による合同例会を開催しました。

守礼ネット会の新城良仁幹事長が司会を担当し、南部支部の喜瀬慎禄支部長が開会の挨拶を努めました。
報告者は、くに旅行サービス(与那原町)の代表である國吉富貴子氏です。「激変の旅行業界での新たな挑戦 ~経営を継いで1年、故人の思いを大事にして~」をテーマに語っていただきました。



●代表者を突然うしなって…
約1年前、くに旅行サービスの代表者であった夫君の博氏が病気で突然亡くなりました。悲しみのなかで、事業の継続と代替わり手続きのために嵐のような日々が始まります。
お客様の航空チケット手配は中断できないので、葬儀などの間にも旅行業務を続けました。代表者が亡くなると、金融機関の口座が一時凍結されたり、その時点までの確定申告が求められたりすることも体験しました。個人事業であったため、博氏の事業を廃業して、富貴子氏が新たに起業するという手続きも必要でした。
一緒に仕事を続けようという社員の決意にも支えられ、博氏が残した旅行業を継続しています。

続きを読む...
 
「月の魚」で1月の「ま~さむんロード」を開催
サイト管理人
2011年 1月 25日(火曜日)
沖縄県内のおいしいお店をレポートする「ま~さむんロード」。今回は那覇市の新都心にある「和風居酒屋 月の魚」を訪ねました。 「月の魚」は那覇市おもろまちの新都心エリアにあり、交通アクセスが抜群です。那覇国際高校の南側にあり、新都心公園にも近く、オフィス街の中にありながら静かで落ち着いた環境です。

 

和食と沖縄料理を中心に幅広いメニューが揃い、ちょっとした飲み会から、宴会や接待などにも利用できます。北海道のホッケから沖縄近海でとれた魚まで豊富で新鮮な食材が揃っています。
今回の「ま~さむんロード」では鍋物を中心とした料理をいただきました。たくさんの種類の鍋が揃っている中で、今回は白キムチ鍋と寄せ鍋を選びました。

 

まずは前菜から。「月の魚」が得意とする新鮮な魚介類の刺身です。
 
薄い揚げ物を容器にした野菜サラダ。チリメンジャコがおいしいアクセントになっています。
 
白キムチ鍋です。見た目は赤くなく、食べ始めも辛くないのですが、あとからピリっとした辛味が来ます。

 

寄せ鍋は、ダシ味が魚と野菜に合っており、あっさりとしていくらでも食べられます。
 
フライドチキン、春巻き、ポテトなどのセット。チリソースやケチャップなど、つけダレを選んで楽しめます。
 
新鮮なタラの白子です。ポン酢の味とマッチしていました。

 

  ボリューム抜群のフーチャンプルー。
沖縄料理もメニュー豊富なので観光客も喜ぶでしょう。

 

「月の魚」オーナーの下地直樹さんです。宮古島出身で建築設計事務所を経営されています。今まで飲食店の設計などをたくさん手がけてきたこともあり、新都心に所有していた建物に自分でお店を10年前にオープンしました。
当時は新都心に建物が少なく空き地ばかりだったそうで、このエリアで老舗として早い時期から定着したお店です。
自身が魚好きということから魚料理に重点をおいたお店にしようということになり、社員から店名を募集して「月の魚」という名称に決まりました。料理やメニューについては料理長を信頼して任せながら、店のコンセプト作りや演出に力を発揮されています。
建築設計のほかにも、霊園の運営、中国との貿易など幅広い事業にかかわっています。中国との取り引きについてはアモイに事務所を構え、長年の経験を持っておられます。(事業について、詳しくはこちらへ→ 株式会社ネオプランニング
 
 
「月の魚」は、昼のメニューである海鮮丼や定食も人気で、多くのブログやグルメサイトでも「新鮮でボリュームのある魚介類を安く食べられる」として評判です。ランチタイムにもぜひご利用ください。
 

和風居酒屋 月の魚
住所:〒900-0006 沖縄県那覇市おもろまち3-7-10
電話:098-863-9256

営業時間:
  夜の部   17:30~24:00(月~木)
 17:30~01:00(金・土)
昼の部   1:30~14:30(金~土)
定休日:日曜日(月曜祝日の場合は日曜も営業)
座席数:104席
駐車場:有 30台(専用)

お店紹介ページ http://tsukinosakana.jub.jp/index.html


大きな地図で見る

 
2月25日(金)の例会にご参加ください
サイト管理人
2011年 1月 25日(火曜日)

来る2月25日(金)に守礼ネット会では、南部支部と合同して例会を実施します。
今回の例会では、くに旅行サービスの代表者である國吉富貴子氏を報告者として講演と討議をおこないます。テーマは「激変の旅行業界での新たな挑戦 ~経営を継いで1年、故人の思いを大事にして~」です。
國吉氏は、代表者であった夫君が昨年亡くなってから、会社を引き継ぎ経営に当たってきました。突然に代表者を失って企業組織の代替わりという局面を乗り切ってきた経験、大きく変化する沖縄の観光業界のなかで模索してきた新たな取り組みなどについて報告していただきます。報告後は参加者によるグループ討論を通じて、さらに論議を深めます。
守礼ネット会や南部支部の会員のみならず、多くの方のご参加をお願いします。

くに旅行サービスについて

所在地:沖縄県島尻郡与那原町与那原3835-1
TEL:098-835-8088
ホームページ http://www.kuniryokou.com


例会日時・会場
日時:2011年2月25日(金) 午後6:30から9:00
会場:南風原町立中央公民館「第3研修室」


大きな地図で見る

 
「かっぽう山吹」で11月の「ま~さむんロード」を開催
サイト管理人
2010年 12月 20日(月曜日)

「ま~さむんロード」は沖縄県内のおいしいお店を訪ねてレポートする試みです。今回は名護市の「かっぽう山吹」を訪ねました。沖縄クルマエビ株式会社の座間味社長にも参加していただき、新鮮なクルマエビを食材として提供していただきました。

「かっぽう山吹」は沖縄本島北部エリアでは名の知られたお店です。県外にもクチコミが広がっているので、接待の場として利用するビジネスマンや、インターネットで調べて来店する観光客もおられます。
お店は名護市の繁華街に位置しており、「ひんぷんガジュマル」やオリオンビール名護工場の少し北側にあります。

 

6種の料理を楽しめる突き出し。柔らかい寒天のなかに歯ごたえあるエビがアクセントになっていたり、ゴーヤをしっかりアク抜きして絶妙な味加減の酢漬けにしているなど、細かなところまで心くばりが行き届いているのが伝わってきます。

 
   
クルマエビの刺身はプリプリとした弾力があり、かんでいるうちに口の中で甘くとろけます。 エビの頭も、新鮮ならばこその柔らかさで、香ばしく揚げられていました。 うまみと歯ごたえあるクルマエビの天ぷら。サクサクとした衣の揚げ方も良好です。



濃厚な味わいのタンシチュー。目の前でろうそくの火にかけて、熱々をいただきます。味噌が隠し味として効いています。 熱した石に肉を乗せて、自分で焼きあげる石焼きビーフ。柔らかく上品な味わいのお肉でした。 沖縄そばですコシがあって歯ごたえのある麺が、沖縄そばとしては珍しくて新鮮です。
 

あんみつのデザートはサッパリとした甘味で、食事の締めくくりにぴったりです。薄目の味付けのおかげで、甘味だけでなく豆のうま味もしっかり感じられました。

 

店長の新里清光さん(写真後列右側)を囲んで記念写真です。
新里さんは、ホテルのレストランで働いたのち、弁当屋をしていたお父様からお店を受け継ぎました。それから和食の修業を重ねて、料亭として展開していきます。
勉強のために銀座や京都をはじめとする高級料理店へ何度も通い、味や盛り付けや接客などを学びました。料理だけではなく器や掛け軸などを見る目も養えました。バブル景気のころに流行った贅沢極まる食材やサービスに触れたことも、あとになって考えれば感性を磨くのに役立ったそうです。
いかに若い人材を育てるか、地域経済を活性化させるかについても強い問題意識を持って語っておられました。

お連れ合いも女将として店を切り盛りされています。おしゃべり上手で客を飽きさせません。ホームページの「女将さん日記」は、お客様との交流を活き活きと伝えていて、一見の価値ある面白さです。
「かっぽう山吹 女将さん日記」

本格的な和食をリーズナブルな価格で堪能できたり、格式と高級感のある接待や宴会の場として使えたり、幅広く活用できる料亭だと思います。どの料理にも、なにかしら一工夫が加えられていることを感じました。和食だけでなく、琉球料理・洋食・創作料理などレパートリーの多さも魅力です。
沖縄本島北部エリアにお越しの際は、ぜひ「かっぽう山吹」へお寄りください。

 

かっぽう山吹
住所 :〒905-0016 沖縄県名護市大東1-7-19
電話 :0980-52-2143
営業時間:11:00~20:00(ラストインは21:00))
定休日:日曜日
座席数:150席(個室・座敷あり)
駐車場:有(20台)

お店紹介ページ http://www.yamabukinago.jp/


大きな地図で見る

 
『夢家』にて、ま~さむんロード開催
サイト管理人
2010年 7月 15日(木曜日)

南風原町兼城にある「味楽酒房 夢家(みらくしゅぼう ゆめや)」にて、今年度2回目の「ま~さむんロード」を開催しました。「ま~さむんロード」は、守礼ネット会のメンバーが県内の飲食店を訪ねてレポートする試みです。

南風原ジャスコやラウンドワンなど大型施設が並ぶ国道329号の兼城交差点の近くに「夢家」があります。昼はランチバイキングを提供し、夜は沖縄料理から和風・洋風料理などが楽しめる居酒屋となります。

この日は夕刻から座敷をお借りして守礼ネット会の会議を行ない、そのあと南部支部の会員もお招きして「ま~さむんロード」に移行しました。

「夢屋」の小松義和店長です。
福岡県の居酒屋で修行したあと、8年前に結婚して、奥様の故郷である沖縄へ移住。さらに弁当屋・料理屋をしていたお義母様から沖縄料理を学んだとのこと。
その経歴のためか、沖縄料理から洋風・和風・創作料理まで、幅の広いレパートリーが魅力です。

 

 


サラダ(左)と和風チーズ盛り(右)

ちきなー(からし菜)チャーハン

お造り(刺身)
     

明太子のクリームパスタ

ソーメンチャンプルー

島唐辛子入り一口餃子
 

この写真は、どう見ても豆腐ですが、じつはカツオブシとネギをかけた和風チーズ盛りです。ためしに醤油をかけてみましたが、不思議なことに醤油にもマッチする味でした。

 

これもお好み焼きに見えますが、小麦粉やキャベツは入っておらず、すりおろした山芋だけを使った「山芋の鉄板焼き」。さっぱりしていておいしい! ふわふわサクサクした食感は、はじめての体験でした。

 

昼のランチバイキングは800円という低価格。野菜中心・和食中心のヘルシーバイキングなので女性にも人気とのこと。コッテリ系ではないバイキングは沖縄では珍しくて貴重ですね。
夜は居酒屋となりますが、お酒を飲まずに料理を食べることだけを目的に来られるお客様もいるそうです。さまざまなレパートリーのおいしい料理を味わえる「夢屋」ならではのことだと思います。老若男女みんなが楽しめるメニューが揃ったお店ですので、ぜひ一度ご来店ください。
 


味楽酒房 夢家(みらくしゅぼう ゆめや)
住所 : 〒901-1111 沖縄県島尻郡南風原町兼城192(JAおきなわ南風原中部支店の2F)
電話 : 098-888-0895
営業時間:11:30~14:30(ランチバイキング 土・日・祝日除く)/17:00~翌1:00(料理・居酒屋)
ラストオーダー:14:00(ランチ)/フード翌0:00 ドリンク翌0:30(料理・居酒屋)
定休日: 不定休(月1回程度)、ランチバイキングは土・日・祝日除く。
座席数:50席
駐車場:有(20台)

お店紹介ページ http://www.plat-okinawa.jp/gourmet/shop/detail.jsp?id=50826


大きな地図で見る

 
障害者問題全国交流会の記念旅行
サイト管理人
2010年 7月 15日(木曜日)

沖縄で開催された「第15回障害者問題全国交流会」(主催:中小企業家同友会全国協議会)では、希望者を募って沖縄の観光名所や地元企業を訪問する記念旅行が行われました。
守礼ネット会は、沖縄県中小企業家同友会の観光関連部会として、記念旅行の計画と実施を担当しました。

写真は、沖縄本島南部を中心に観光した「首里城公園&那覇近郊視察コース」の様子です。


首里城入り口の守礼門にて。

首里城・広福門前の展望広場。

首里城正殿前の御庭。
     

「首里琉染」で、紅型やサンゴ染めなど 伝統工芸を見学。

琉球国王の別邸・迎賓館として使われた識名園。

焼き物工房が集まる「壷屋やちむん通り」の井戸水。

 

続きを読む...
 
«最初12345678910最後»

7 / 12 ページ
Facebookでコメントする
戻 る