沖縄県中小企業家同友会観光関連部会_守礼ネット会
topimage003.jpg
 
サイト管理人
観光関連部会「守礼ネット会」第18回総会を開催しました。
サイト管理人
2012年 6月 12日(火曜日)

2011年5月21日、那覇市の沖縄産業支援センターにて、守礼ネット会の第18回総会を開催しました。

第一部では「総会議事」として2011年度の「活動報告」「決算報告」「会計監査報告」を承認し、2012年度の「活動方針」「予算案」「新役員」を決定しました。

 

第二部では、沖縄産業支援センターの1階ホールにて、記念講演を開催しました。
沖縄県中小企業家同友会の4つの部会(観光関連部会「守礼ネット会」、情報関連部会「eおきなわ」、建設関連部会「みらい21」、環境関連部会「エコま~る」)が共同開催する講演会で、1階ホールは満席状態でした。

「沖縄振興一括交付金の活用による産業振興」をテーマとして、沖縄県商工労働部の平良敏昭部長に講演をお願いしました。
一括交付金の背景や概要、どのような分野で一括交付金を活用する計画が進んでいるかなど、さまざまな項目について報告がありました。沖縄の経済と県民の暮らしに大きく影響を与えるテーマなので、参加者は真剣に聞き入っていました。


【一括交付金を活用した主な事業の紹介】
・「IT関連」…クラウド事業やモバイル事業など。
・「商工振興」…泡盛をはじめとする県産品の奨励など。
・「中小企業支援」…新商品開発や販路開拓の支援など。
・「雇用対策」と…人材育成・マッチングなどの支援など。
・「新産業創出」…ライフスタイルイノベーションのための産学共同研究、ベンチャー育成など。
・「エネルギー関係」…天然ガスなどの利用促進、エネルギー自給の向上など。

質疑応答では、「育児や女性の社会進出などへの支援を進めてほしい」「いま注目されているメディカルツーリズムのために活用できないか」などの質問や意見が参加者から出されました。

 

第三部では、4部会合同で懇親会をおこないました。各部会代表やご来賓が挨拶に立ち、集まった会員同士で交流を深めました。

 
 
北部視察ツアーを開催しました。
サイト管理人
2012年 6月 12日(火曜日)

2月22日(水)~23日(木)、守礼ネット会では視察ツアーを実施しました。今回は沖縄本島北部のツアーとして「やんばる学びの森」、株式会社あいあいファームをめぐり、同友会の北部支部例会にも参加しました。

続きを読む...
 
会員企業紹介:国際タウンズイン(株式会社国際企画)
サイト管理人
2012年 2月 20日(月曜日)
国際タウンズインは、那覇市の国際通りや牧志公設市場から徒歩3分という便利なロケーションにあるマンション型ホテルです。1DKから5LDKまでさまざまなタイプの客室があり、1名様から団体客まで宿泊することができます。経営者である上原嵩さんにお話をうかがいました。
 
国際タウンズイン   国際タウンズイン
【所在地】〒900-0014 沖縄県那覇市松尾2-12-7 (地図
【TEL】098-860-1236
【FAX】098-860-1237
【チェックイン】15:00 (最終チェックイン:29:30)
【チェックアウト】10:00
【交通アクセス】那覇空港より車で15分/モノレール県庁前駅より徒歩約8分/松尾バス停留所より徒歩5分
【駐車場】有料6台 600円(税込み/泊)要予約 近郊にコインパーキング有り
【公式サイト】http://townsinn.jp/
 
上原嵩さん

 

●国際タウンズインをオープンするまでのことをお聞かせください。
アパート・マンションなどの賃貸住宅については、以前から運営経験がありました。旅行者向けのマンション型ホテルは、賃貸経営のノウハウを活かせる分野です。宿泊予約サイトが普及して、インターネットを通じて集客できる時代になったこともあり、ホテル経営を始めることを決断しました。
ホテルの運営・サービスの経験を持つスタッフを揃え、客室もきれいに改装して、今から2年前に国際タウンズインがオープンしました。

続きを読む...
 
11/24の例会にご参加を。「もし経営者が倒れたら…」などがテーマです。
サイト管理人
2011年 11月 21日(月曜日)

きたる11月24日(木)に、守礼ネット会の例会を開催します。緊急時に備えたBCP(事業継承計画)について考えます。講師として株式会社沖縄ツーリストの東良和社長をお招きします。企業の危機管理にとって切実なテーマですので、ぜひご参加ください。

【テーマ】
『もし経営者が倒れたら…あなたの会社は大丈夫ですか!!
~BCP(事業継続計画)について考える~』
【講師】株式会社沖縄ツーリスト 社長 東良和氏
【日時】11月24日 午後6時30分~9時
【会場】沖縄産業支援センター3F(沖縄県那覇市字小禄1831番地1)
 

【BCP(事業継続計画)について】
BCP(事業継続計画)とは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時におこなうべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことです。緊急事態は突然発生します。有効な手を打つことができなければ、特に中小企業は、経営基盤の脆弱なため、廃業に追い込まれるおそれがあります。また、事業を縮小し従業員を解雇しなければならない状況も考えられます。緊急時に倒産や事業縮小を余儀なくされないためには、平常時からBCPを周到に準備しておき、緊急時に事業の継続・早期復旧を図ることが重要となります。こうした企業は、顧客の信用を維持し、市場関係者から高い評価を受けることとなり、株主にとって企業価値の維持・向上につながるのです。

続きを読む...
 
「観光危機管理」をテーマに9月例会を開催。
サイト管理人
2011年 11月 10日(木曜日)
守礼ネット会9月例会
「東日本大震災から半年、今、改めて沖縄の観光危機管理について考える」
講師:高松正人(たかまつ・まさと)氏

 

本年3月11日の東日本大震災は、観光関連のみならず沖縄の企業経営者すべてに重大な課題をつきつけるものでした。
沖縄で大規模な津波や地震が起きたらどうなるのか。緊急時に備えた計画づくりや訓練をどこまでできるのか。
個々の企業まかせでは、県内の中小零細業者にとって荷が重すぎる問題です。企業が協力しあい知恵を出しあって、沖縄経済界が全体で危機管理に取り組む必要があります。

守礼ネット会では、今後の長期にわたるテーマとして「危機管理」の問題に取り組んでいくことを決めています。(参照リンク:みんなで作る危機管理マニュアル
危機管理に関する最初の試みとして開催されたのが、今回の9月例会です。

例会は、2011年9月6日(火)午後6時より、沖縄産業支援センターにて開催されました。
講師として、株式会社ツーリズム・マーケティング研究所の高松正人社長をお招きしました。高松氏は日本や世界各国の観光危機管理について調査して提言活動を続けておられます。沖縄県主催の観光危機管理セミナー(6月)でも講演をされました。

まず冒頭、高松氏は「危機」という漢字について“危険な事態を機会(チャンス)に変える”と読み替えて、観光業者を危機に強く大きくしていくチャンスにしましょうと呼びかけました。

 

1.沖縄にとって観光危機管理がなぜ必要か
沖縄にとって観光は基幹産業であり、観光危機管理に取り組むことが重要だと高松氏は語ります。
災害が起きたとき、観光客の安全を確保して無事に自宅に帰れるよう支援できれば、「安全・安心な観光地=沖縄」のブランドづくりにつながり、沖縄の観光産業の発展につながります。
さらに被災後、いち早く観光の復活にむけたアクションを開始することが、沖縄の雇用と生活を守ることになります。
 
起こることが想定されうる災害・危機
 
自然災害・危機
台風・大雨・洪水/干害・異常高温/地震・津波
 
人的被害・危機
大火災・ホテル火災/大規模交通事故/航空機事故・ハイジャック/船舶事故/伝染病・大規模食中毒/テロ/重火器・刃物等による凶悪犯罪/他国 による武力攻撃/放射能事故(核兵器、原子力船艦)/大規模停電

 

続きを読む...
 
「沖縄和顔」で「ま~さむんロード」を開催しました。
サイト管理人
2011年 9月 22日(木曜日)

守礼ネット会員が、沖縄県内のおいしいお店をレポートする「ま~さむんロード」。今回は豊見城市真玉橋にある「沖縄和顔(おきなわわがん)」を訪ねました。
那覇東バイパスと国場大通りをつなぐ真玉橋のすぐそばに「沖縄和顔」があります。広々とした国場川の風景を楽しみながら入口のドアをくぐると、店内は広々としていてカウンター・座敷・個室が揃っています。

沖縄和顔は開店してまだ2年少々ですが、いま人気急上昇中のお店です。「あの店の焼き鳥はうまい」と筆者も何度か評判を聞きました。
素材の鶏肉は、その日の朝に処理された新鮮そのものの県産地鶏です。しかも、モモや手羽先など区分け済みの肉ではなく、一羽丸ごとの鶏を仕入れるそうです。お店でスタッフ自身が鶏を丁寧に切り分けるから、「白子」「卵管」「白レバー」「ぼんじり」など希少な部位をお客様に提供できます。
それぞれに味わいや歯ごたえの異なる部位は現在30種以上。珍しい部位を食べてみたいという方は、売り切れないよう早めに来店することをおすすめします。

続きを読む...
 
守礼ネット会9月例会のご案内 「東日本大震災」から半年、今、改めて沖縄の観光危機管理について考える
サイト管理人
2011年 8月 31日(水曜日)

時下益々ご健勝のことご拝察申し上げます。
守礼ネット会は9月例会として、㈱ツーリズム・マーケティング研究所の高松正人社長を講師に、沖縄の観光危機管理について考えます。
つきましては、下記により開催いたしますので、ぜひスケジュールを調整のうえ、ご出席くださいますようご案内申し上げます。

 

「東日本大震災」から半年、今、改めて沖縄の観光危機管理について考える

 
 
日時   2011年9月6日(火) 午後6時30分~9時
会場 沖縄産業支援センター3F 「中研修室」TEL098-859-6205
内容 一、講演(60分)
一、グループ討論(50分)
一、グループ発表
一、講師からの補足・回答
続きを読む...
 
«最初12345678910最後»

5 / 12 ページ
Facebookでコメントする
戻 る