沖縄県中小企業家同友会観光関連部会_守礼ネット会
topimage001.jpg
 
サイト管理人
5月26日、パシフィックホテル沖縄「ガーデンレストラン竜潭」で「ま~さむんロード」を開催します。ご参加ください。
サイト管理人
2014年 5月 16日(金曜日)

 

観光関連部会「守礼ネット会」では、沖縄各地の飲食店を訪ねてレポートする企画「ま~さむんロード」を定期的に開催しています。おいしい食事をいただきながら、会員同士で語り合い交流します。
今年、パシフィックホテル沖縄内にある「グリル竜潭」が改装工事をおこない、「ガーデンレストラン竜潭」として生まれ変わりました。パン・パシフィック(環太平洋諸国)の多彩な料理をバイキング形式でご提供します。オープンキッチンのライブ感や、屋台キッチンでのパフォーマンスなども楽しめます。
リニューアルされたばかりのお店をぜひご覧いただきたいとのことで、「守礼ネット会」で訪ねることになりました。老舗ホテルの新しい試みに注目です。

[日時] 2014年5月26日(月) 19:00~20:30
[場所] 那覇市西3-6-1 パシフィックホテル沖縄1F 「ガーデンレストラン竜潭」
[会費] 会費:3,000円
[駐車場] 契約駐車場あり
[お申し込み・お問い合わせ] 沖縄県中小企業家同友会 電話:098-859-6205

 
「とりひろ」で「ま~さむんロード」を開催しました。
サイト管理人
2014年 4月 04日(金曜日)

 「ま~さむんロード」は、守礼ネット会の会員が飲食店を訪ねて定期的にレポートする企画です。3月13日の「ま~さむんロード」は、おきなわ赤鶏とあぐーのお店「とりひろ」で開催しました。

 
「とりひろ」は、中小企業家同友会の会員でもある株式会社碧(へき)が運営しています。久米島などで育てた赤鶏、黒豚あぐー、県産野菜など厳選された食材を提供するお店です。
株式会社碧が経営する飲食店としては、鉄板焼ステーキレストラン「碧」も有名です。
 
 
「とりひろ」は、那覇市松山の繁華街のなかにあります。静かで落ち着いた店内で、ゆっくりお酒や食事を楽しめます。この日は守礼ネット会のほかにも、那覇・宜野湾の会員にご参加いただきました。
 
久米島赤鶏は歯ごたえがあって旨味が濃いと感じました。トリの刺し身、トリの寿司ほか、こんな食べ方があるのかと驚くほどバラエティに富んだメニューをいただきました。黒豚あぐーもボリュームある鉄板焼で、濃厚な味を堪能しました。
  
 
  
店員の対応は、客が店内で迷っているとすぐ案内に来てくれるなど対応が素早く言葉づかいもていねいで、社内教育が行き届いていると思います。高級店として評価が高いこともうなづけます。
 
 
住所:沖縄県那覇市松山2-6-12
電話:098-951-108
営業時間:17:00~24:00(ラストオーダー/23:00)
営業日:年中無休
駐車場:近くに契約駐車場あり
 
【ホームページ】http://www.torihiro.net/

 
石垣島への日帰り視察ツアーにご参加ください。
サイト管理人
2014年 4月 04日(金曜日)

観光関連部会「守礼ネット会」では、さまざまな観光施設の視察ツアーを毎年開催しています。今年は、新空港が誕生した石垣島を視察することになりました。

守礼ネット会以外でも沖縄県中小企業家同友会の会員ならどなたでもご参加いただけますので、ぜひお申し込みください。
 
【日時】2014年04月16日(水) 09:00~19:00
【集合場所】那覇空港国内線ターミナルビル3F 「スカイマーク搭乗手続きカウンター前
【参加費】14,000円(往復航空券、レンタカー、昼食代込み)
【申込締切】4月11日(金)
 
新石垣空港(南ぬ島 石垣空港)は、旧石垣空港に比べ3倍の面積があり国際線にも対応しています。中型ジェット機の離着陸も可能です。スカイマークやPeachなど格安航空会社も参入して、八重山の観光産業・経済活動の拡大をもたらしています。
視察ツアーでは、新石垣空港の見学のほか、八重山支部との交流会、石垣島ビールの工場見学などを予定しています。
続きを読む...
 
3/13に「とりひろ」で「ま~さむんロード」を開催します。ご参加ください。
サイト管理人
2014年 3月 11日(火曜日)

 観光関連部会「守礼ネット会」では、沖縄各地の飲食店を訪ねてレポートする企画「ま~さむんロード」を定期的に開催しています。今回は那覇市松山の「とりひろ」を訪問します。「守礼ネット会」以外の会員でも歓迎していますので、ぜひご参加ください。

「おきなわ赤鶏」と「あぐー」をさまざまな調理法で楽しめるお店として知られています。中小企業家同友会の会員である株式会社碧グループのお店です。
 
[日時] 2014年03月13日(木) 19:00~20:30
[場所] とりひろ松山店 沖縄県那覇市松山2-6-12 電話098-951-1083
[会費] 会費:3,000円
[駐車場] 契約駐車場をご利用ください。(場所は、http://www.torihiro.net/access/map.html)
 
「小料理たまり」で「ま~さむんロード」を開催しました。
サイト管理人
2014年 2月 28日(金曜日)

1月21日、那覇市久茂地にある「小料理たまり」にて、ま~さむんロードを開催しました。ま~さむんロードは、守礼ネット会の会員が飲食店を訪ねてレポートする試みです。 「小料理たまり」は株式会社クリード沖縄グループのお店です。国際通りに近い久茂地川ぞいのエリアにあり、周辺にも多くの居酒屋などが集まっています。

続きを読む...
 
沖縄県への要望・提言と意見交換をおこないました。
サイト管理人
2014年 2月 13日(木曜日)
2月10日、沖縄県中小企業家同友会と守礼ネット会のメンバーは、沖縄県との懇親会を実施して、観光産業の振興についての要望・提言と意見交換をしました。観光に関連する各担当部署の皆さんにご出席いただきました。

LRT(軽量軌道交通)導入など渋滞緩和の取り組み、雨の影響でイベントを中止したりしなくてすむ全天候型のスポーツ施設・イベント施設の充実など、さまざまな観点から申し入れをおこないました。 

 

提言内容は以下のとおりです。

[提言]観光産業の振興について

 

 沖縄県の入城観光客数の増加に向けて、特に力を入れるべき取り組みについてアンケート調査を行ったところ、第一位に「文化・芸能・スポーツ等での観光体験を含めた、従来の枠組みにとらわれない新しい企画・行事の検討」(六三・四%)、第二位に 「接客技術の向上」(三五・〇%)、第三位に「インフラ整備」(三一・二%)、第四位「新しい超大型イベント施設の建設」(二〇・四%)という結果が出ました。新しい企画・行事については、温暖な気候を活かし、マラソン、プロ野球、空手、サッカー、トライアスロンなど、スポーツイベントに関するアイデアが多数寄せられています。また、沖縄県で開催されたイベントでの課題についての調査では、「交通渋滞」、「駐車場の不足」、「全天候型の大型施設がない」などの課題が多く出されています。中長期視点での外国人観光客受け入れのために必要なことについての調査では、第一位に「外国語ガイドなどの有資格者の就業斡旋」(三三・〇%)、第二位に「専門学科での人材育成」、第三位に 「観光関連の従業員に対するセミナー、研修の開催」と人材の活用や育成に関する回答が多数を占めていま。つきましては、上記を踏まえ以下のことについて、要望・提言いたします。

(1)沖縄観光の課題解決に向けての観光関連産業のネットワークの強化について

○研究会や連絡会などを設置し、観光産業に関わる課題 や展望などについての研究や情報共有を積極的に行うこと。

(2)入域観光客増加、平準化に向けてスポーツを軸にした新たな観光商品の検討について

○例えば、年紹介されたプロモーションの内、三世代家族をターゲットにした 「春の親子孫旅」をベースに、閑散期の目玉イベントであるNAHAマラソンにウオーキングコースやショートコースも加え親子三世代で参加できるようにする。

 

(3)全天候型の超大型施設の整備について

 現在沖縄県でも多くのライブイベントやスポーツイベント、祭りなどが企画されていますが、数万人規模を収

容する全天候(ドーム)型の施設がなく、天気(特に台風の影響)などで中止となるケースが多く見られ、中止になった場合の損失は、はかりしれません。それらを解消するためにも、早急に全天候型の超大型施設の整備が求められます。

1.現在公募がスタートしている大型MICE施設整備と街づくりへ向けた基本構想策定事業を早急に進めること。構想を進める際には、県内中小企業や県民などからも意見を聞くこと。

2.二万人以上を収容できる全天候(ドーム)型のスポーツ施設を整備すること。

 

(4)観光客受け入れのためのインフラ整備について

1.LRTの導入など、交通渋滞の緩和に向けた取り組みを早急に検討すること。

2.県内の要所に大型の公共駐車場を整備すること。

 

(5)中長期視点での外国人観光客受け入れのための人材育成について

1.外国人観光客の受入れに携わる職業が、諸外国と同様 に新卒学生の進路の選択肢の一つとなるような人材育成と就業機会の条件整備を行うこと。

2.有資格者である「沖縄地域限定通訳案内士」が優先的に就職できるようにすること。

3.観光施設や飲食店での外国人の採用を奨励するなど、外国の食文化等を身近に学ぶ機会を増やすこと。

 

 
「イスラム教圏の観光客受け入れ」をテーマに例会を開催します
サイト管理人
2013年 8月 22日(木曜日)

沖縄県中小企業家同友会の観光関連部会「守礼ネット会」から、8月例会のお知らせです。
中国人観光客の受け入れと並んで、イスラム教徒の観光客受け入れが、いま世界の観光業界で重大なテーマとなっています。
イスラム教徒の人口は世界全体で約16億人、インドネシア国内だけでも2億人近くになります。市場規模は中国人観光客の2倍で、米国人観光客の市場よりも大きいといわれます。
日本でもイスラム教徒の旅行者が急増し、政府をはじめ様々な団体が受け入れ体制の整備と学習会を重ねています。
沖縄では観光立県でありながら対応が大きく遅れています。そこでイスラム教徒の観光客受け入れを実際に進めている沖縄ツーリスト株式会社のデニス・トルトーナ氏を講師にお招きし、例会を開催することにしました。イスラム教についての基礎知識や応対マナー、礼拝や食事などの対応方法について学んでまいります。

 

 

【日時】2013年08月28日(水) 18:30~20:30
【場所] 沖縄産業支援センター3F「302」
【テーマ】「外国人観光客の受入について~イスラム教圏の事例~」
【報告者】沖縄ツーリスト株式会社 国際部チーフ デニス・トルトーナ氏
【申し込み】沖縄県中小企業家同友会 事務局 TEL.098-859-6205
※事例報告(60分)の後は、質疑応答を行います。※ゲスト参加も可能です。

【参考となる情報】
世界の観光ブームを支える裕福なイスラム教徒の旅行者
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2934712/10461366

観光客:イスラム教徒が急増 食事や礼拝、態勢整備
http://mainichi.jp/select/news/20130611k0000e020157000c.html

イスラム圏の観光客を呼び込め!
http://webnews.asahi.co.jp/cast/feature/121211.html

関西、脱中国の観光戦略 イスラム圏誘客へハラル認証など導入
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130728/biz13072820420003-n1.htm

ムスリム観光客増加を 県がもてなしセミナー(富山県)
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20130822-OYT8T00003.htm

 
«最初12345678910最後»

3 / 12 ページ
Facebookでコメントする
戻 る