沖縄県中小企業家同友会観光関連部会_守礼ネット会
topimage003.jpg
 
国際通り_那覇で最もにぎやかな繁華街。沖縄観光の定番スポット。
 
国際通りは、観光客向けのホテル・みやげもの店・飲食店などが集まる繁華街。ここで沖縄みやげを買うというのが沖縄ツアーの定番となっています。
 
 
基本情報
所在地 県庁北口交差点(那覇市久茂地)~安里三叉路(那覇市安里)
主な交通アクセス 那覇空港から車で約15分。
沖縄都市モノレール牧志駅から徒歩3分。
ホームページ http://www.kokusaidori.org/
http://www.kokusai-ekimae.info/
 

 
観光客向けのホテル・ショップが並ぶ大通り
国際通りは、戦後の闇市から始まり、那覇市民の日常の買い物や娯楽の中心地として発展しました。沖縄の戦後復興のシンボルとして「奇跡の1マイル」とも言われました。映画が娯楽の王様だった時代に「アーニー・パイル国際劇場」という映画館があったので、そこへ通じる道が「国際通り」と呼ばれるようになり、現在では正式名称となっています。
今では大通りに土産物店やホテルなどが集まり、観光客向けの名所となりました。
 

 
観光客向けの店が多い一方で、平和通り商店街などアーケード街の奥には古くからの小さな商店が集まっていて、素朴な沖縄情緒あふれる市場が残っています。沖縄文化に興味がある方は、ぜひアーケード街の奥の奥まで散策してみてください。
 

 
アーケードの中にある牧志公設市場の1階は肉・魚・食料品などの小売店が集まります。ここでは赤・青・緑など強烈な色彩の魚や、豚の頭がそのまま陳列されているので観光客がよく驚きの声をあげています。
2階は沖縄料理が食べられる食堂が並びます。1階で買った魚を調理して食べさせてくれるお店もあります。
 

 
国際通りの表通りは「一万人のエイサー踊り隊」「首里城祭」など様々なイベントの舞台にもなります。沖縄伝統の踊りであるエイサーや古式行列など、多数の参加者が練り歩くパレードは大迫力です。
 

 
日曜日は歩行者天国(トランジットモール)に
日曜日の昼12時~夕方6時の国際通りは歩行者天国になります。低速バスも通行するので、完全な歩行者専用ではなく、歩行者と公共交通を優先した「トランジットモール」というのが正式名称だそうです。
いつもは車でいっぱいの国際通りが、のんびりと人が行き交う開放感あふれるスペースになります。
 

 
観光客をのせた低速バスやベロタクシー(自転車タクシー)もトランジットモールを走ります。路上パフォーマンスをする大道芸人やバンド、ダンスチームも集まります。
 

 

 

 
Facebookでコメントする
戻 る