沖縄県中小企業家同友会観光関連部会_守礼ネット会
topimage003.jpg
 
ホエールウォッチング_雄大な海で泳ぐ野生のクジラたちと出会う。
冬の沖縄の人気観光コース。
 
1~3月にかけて、沖縄で大人気の観光メニューがホエールウォッチングです。
沖縄では陸地のすぐ近くまでクジラがやってくるので、船に乗ってわずか数十分でクジラと出会えることが多いのが魅力です。
 
基本情報
期間 毎年1~3月のほぼ毎日。(強風時などは出航中止になる場合あり)
出航場所 那覇を中心に、沖縄各地の港から出港しています。
予約方法 電話・FAX・インターネットなどで予約。前日までに料金振込が必要な場合もあり。
料金 大人一人あたり4000~5000円ほど。
所要時間 3時間前後
ホテルまでの送迎 業者によって異なります。
 

※ツアー内容によって異なりますので、それぞれの業者にご確認ください。

 
 

動画ページへ

 
沖縄なら高い遭遇率。毎日のようにクジラに会える。
沖縄県の慶良間(けらま)諸島はたくさんのザトウクジラが集まる繁殖地。1~3月が最盛期で、沖縄本島から近いエリアにも毎日のように姿をあらわします。
沖縄は非常に遭遇率が高いのが特長で、多くのホエールウォッチング実施業者が90%から100%近い遭遇率を誇っています。クジラが背中を見せて泳いだり、尾びれを海上にあげて潜る姿なら、高い確率で見ることができます。運が良ければ、頭を海上に見せたり、豪快にジャンプしたりする迫力ある場面にも出会えるでしょう。
 

 
ホエールウォッチングに申し込んだら、当日は出航時間前に港へ集合しましょう。料金によってはホテルまで送り迎えしてくれる場合もあります。午前・午後の2回出航している業者が多いので、お好きな時間帯を選べます。
数人乗りで小回りの効くクルーザーから、ゆったりとした数十人クラス乗りの大型船まで、さまざまな船が出航しています。
港で乗船して、スタッフから注意事項を聞きます。ライフジャケットを借りて装着したら、さあ出発です。
 

 
クジラ観察地点まで高速航行するので、船は揺れます。ふらふら歩き回らず、手すりなどをシッカリつかんでおきましょう。
この取材日は、那覇港から出航後わずか10数分で母子のクジラに出会いました。子どもたちは歓声を上げ、大人たちはカメラを構えるのに夢中です。
 

 

 
潮を吹き上げたり、尾びれを強く海面に叩きつけたり、ひとつひとつの動作に重量感があります。下の写真右側はクジラが潜った痕跡で、巨大な円状の波が海面をただよっているところです。
 

 
クジラの母子は何度も何度も浮き上がったり潜ったりしていました。ホエールウォッチングの船が危害を加えないことを知っているのでしょうか、船団のすぐ近くをじゃれあいながら泳いでいます。
1時間あまり観察した後、港へもどりました。念願のクジラをたっぷり見ることができて大満足でした。
 

 
ホエールウォッチングを実施している業者は多数あるので、ホームページで調べたり、宿泊先のホテルなどに問い合わせるとよいでしょう。

【ホエールウォッチング これだけは注意しましょう】

・乗船前に酔い止めの薬を飲んでおきましょう! 寝不足や過度の飲酒は船酔いをまねきます!
・運動靴など滑りにくい靴で、動きやすい服装にしましょう!
・波しぶきや雨でぬれても大丈夫なよう、雨がっぱなどを用意しておきましょう!

 
Facebookでコメントする
戻 る